フィナステリドや注射による治療はロング治療になる?

AGA治療はそう簡単に結果が出にくい治療になることを覚悟しておきましょう。最低でも4か月、半年は経過を見ることをおすすめします。また回復も少しずつですので、気長に治療を受けることをおすすめします。そして治療を開始すると、一時的に抜け毛が増える時期があります。この現象に驚いてしまい、途中で治療を止めてしまう人もいます。これは生まれ変わりを意味するものであり、正常が現象ですので、ここで治療を止めてはいけません。そのような知識をしっかりと思ってロング治療に励むようにしましょう。

フィナステリドを服用してミノキシジルを頭皮に塗布する治療が、AGAの基本形になりますが、それ以外にも治療法があります。どちらもロング期間の治療になりますが画期的なAGA治療方法も生まれて始めています。毛髪再生治療と言われ、頭皮に注射をするタイプの治療です。敏感な頭皮に注射することになりますので、痛みを感じるような気もしますが、それほど痛みを感じないまま治療ができるようになっています。従来のフィナステリドを服用したり、ミノキシジルを塗布するタイプの治療で成果が出なかった時の手段として注射がありますので、諦めずに治療を続けることができるでしょう。

ただロング期間の治療となり、1度受けたからそこで終了というわけでありません。従来のフィナステリドを用いた治療法と同じように、コツコツ続ける必要があります。また注射を使った毛髪再生治療はフィナステリドを服用する治療よりも、医療費が高くなります。そのことも踏まえて治療を続ける必要が出てくるでしょう。保険を使えないことがAGA治療のネックでもあります。治療を止めてしまうと効果もなくなります。その点はよく理解しておきましょう。

ページの先頭へ戻る