フィナステリドとは発毛に働く栄養素なのか

フィナステリドとは、1990年代にアメリカで開発された、前立腺肥大に対する治療薬です。前立腺がんの治療薬としても使用されます。男性型脱毛症に対して、発毛効果が認められたことから、厚生労働省において男性型脱毛の治療薬として認可されました。脱毛に効果がありますが、栄養素ではありません。
フィナステリドの効果は、2型5-α還元酵素の働きを抑えることにあります。この酵素は、男性ホルモンであるテストステロンを、DHTという男性型脱毛の原因とされる物質へ返還する作用を持つため、この働きを抑える事によって育毛阻害、つまり脱毛促進が解消するため、日本国内ではミノキシジルと共に男性型脱毛の治療薬として用いられています。男性型脱毛の治療薬として認可されているのは、フィナステリドとミノキシジルだけです。フィナステリドを用いる事で、あたかも栄養を与えたかのように発毛効果が現れる場合がありますが、フィナステリドの作用自体はあくまで毛髪の成長サイクルの阻害を除去する効果であって、発毛自体に効果があるわけでも、栄養素としての役割を果たすわけでもありません。むしろ服用する事による副作用が報告されているので、服用には健康状態に注意しながら用いる必要があります。国内の医療機関による男性脱毛の治療は、ミノキシジルとフィナステリドの組み合わせが主流であり、現在も最も有効な手段とされています。フィナステリドの働きは前述のとおりであり、ミノキシジルはこれと異なる作用を持っているため両者を服用する事は有効であり、相乗効果を期待できる使用法ですが、ミノキシジルも副作用が報告されている成分なので、両者の併用は医師の診断に基づいて行う方が好ましいと言えます。

ページの先頭へ戻る