フィナステリドによるAGA治療効果

男性型脱毛症(AGA)の治療薬としてフィナステリドは、世界60カ国で発売されています。
先発品は、アメリカの大手製薬会社で、日本でも2005年にクリニックで処方されることが許可されています。
AGAになるのは、男性ホルモンのテストステロンが5α還元酵素でジヒドロテストシテロン(DHT)になり,このDHTが皮脂腺の受容体と結びつき、皮脂を過剰に分泌させ、毛穴をふさぐからです。
したがって、AGAが進行しないようにするには男性ホルモンのテストステロンがDHTにならないようにすればよいので、そのために5α還元酵素の活性を抑えるフィナステリドを使用するとよいのです。
1日1mgのフィナステリドを24時間ごとに(食前でも、食後でもいいですが1日のうちの決まった時間に)副尚する事で、血中濃度が一定に保てます。
この使用法を続けると人によって差はありますが、早い人で3カ月ころから普通は6カ月ころから薄毛の進行が止まります。
最初の我が国の臨床試験においては半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年間で約78%の人に(20歳から50歳くらいまでの人において)発毛の効果が認められ、3年間使用で、20%の人に薄毛の進行が止まったと言う報告があります。
言いかえると98%の人に効果があったと報告されています。また発毛があっただけではなく、髪の質(太さや長さ)も改善されており、さらに頭頂部だけでなく、髪の目の生え際まで効果があります。
ただ注意すべき事は、毛母細胞の活性が既に失われている可能性の高い50歳以上の人の効果は、20歳から50歳までの人に比べてはるかに低い事です。
AGAの治療効果を期待するならばできるだけ若いうちから治療を始めるべきです。

ミノキシジルとフィナステリドはどっちが良い?

AGA治療においてミノキシジルとフィナステリドは、どちらも効果的な治療法として用いられる成分です。
ミノキシジルは血管を拡張させる作用があり、頭皮の毛細血管まで広げることで血流を改善し、血液から空気や栄養が送られることで、毛母細胞を活性化させて発毛を促進すると言われています。
対するフィナステリドは5α還元酵素阻害薬に分類されており、AGAによる薄毛の進行の原因とされるジヒドロテストステロン(DHT)が、男性ホルモンと5α還元酵素によって生成される前に阻害することで、DHTを抑制して薄毛の進行を阻止する効果があります。
どちらも作用機序が異なり、お互いに競合することがないため、AGA治療では併用すると育毛および発毛に効果的だとされており、どちらが良いとは言い切れません。
ただし、薄毛の原因がAGAではない他の理由であれば、話は変わってきます。
AGAはDHTが生成されて高密度で頭皮に存在することで、毛母細胞に影響を与えてヘアサイクルを乱すことで症状が進行します。
そのため、フィナステリドを用いることでDHTを抑制し、ヘアサイクルを正常な状態に戻しますが、DHTが原因とならない薄毛の症状では、全く効果がみられません。
逆にミノキシジルは発毛に直接働きかける効果があるので、どんな状態であっても細胞が生きている限りは発毛の効果が発揮されます。
特に血管が収縮して細胞が弱まることで、ヘアサイクルが乱れた状況に効果的で、AGA以外の症状でも毛が生えてくる可能性に期待できるとされています。
薄毛の症状が現れたことで、専門のクリニックに受診したけれど、AGAとは異なる症状であると診断された場合は、ミノキシジルが有効である可能性があります。両者は異なる作用を持っているので、症状によって使い分けるといいでしょう。

フィナステリド配合薬は海外通販できる

5α還元酵素阻害薬として利用されるフィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)の原因となるDHTの生成を抑制することで、薄毛の進行を抑え発毛へと繋がる効果があることから、AGA治療に使用されている成分です。
内服薬の医薬品として販売されており、日本でもAGA治療を行う専門のクリニックから処方してもらうことができます。
しかし、日本の医療制度の問題によって、AGA治療には保険が適応されず、医薬品の価格も全額自己負担となって非常に高価なものとなっています。
フィナステリドは1回飲んだだけでは治療には効果が現れず、実感できるのは6ヶ月は先と言われていることから、毎日の服用が必須とされています。
そのため、薬代だけでもかなりの費用がかかり、AGAを治療することは経済的に苦しいものとなります。そこで、少しでも安く購入したいという人が、フィナステリドのジェネリック医薬品を求めるようになっています。
例えば国内販売されているフィナステリド錠は1錠あたり250円はかかり、半年間の使用で45,000円以上もの薬代となりますが、ジェネリック医薬品では1錠あたり25円前後で半年間の使用でも4,500円ほどと10分の1の費用で済みます。
こうしたことから、ジェネリック医薬品を求める人が多いのですが、国内での販売は認められておらず、海外での流通のみとなっています。
こうした海外で流通している医薬品は、入手する方法が無いわけではなく、個人輸入という方法で購入することが可能です。
厚生労働省でも個人輸入によって入手する医薬品は、個人が利用する範囲内であれば良いとされており、薬事法に抵触することなく購入できます。
普通に個人輸入をしようとすると様々な手続きが必要になりますが、個人輸入代行サイトなら、税関の問題や配送まで手配してもらえるので、こうしたサイトを利用すると良いでしょう。

ページの先頭へ戻る